ワイルドキャットタワーの乗り板の安全性について



キャットタワーの乗り板のについてご質問を頂きました。

ワイルドキャットタワーに使用している乗り板は、板のソリと割れを考慮して集成材を使用しています。

集成材とは寄木細工のようにたくさんの板を接着剤で貼り合わせて製作されたもので、家屋では棚板や階段などに広く使用さっれています。


接着剤を使用していますので科学分質が含まれます。

日本では何段階かに安全性を区分しています。

ワイルドキャットタワーに使用している集成材の安全性は以下のとうりです。


【ホルムアルデヒド放射量等級】F☆☆☆☆ です。

F☆☆☆☆は、JIS・JASがホルムアルデヒドの放散量によって定めた4段階ある等級の最上位で、放散量(平均0.3mg/L以下・最大0.4mg/L以下)が小さく使用規制を受けない建材であることを示しています。


国内において集成材としては1番安心して使用できるものですので安心して頂いて良いと思います。

これからも安心して、ワイルドキャットタワーを使用してください。



ケイワークス 三浦



23回の閲覧
0